SI業界からの転向で生かせる営業スキル

SI業界からの転向を目指して成功するエンジニアもいるが、失敗する事例も少なくはない。SI業界から転職するのに成功するエンジニアはもともとSI業界でも成功を遂げてきているのが特徴である。その実績が認められて転職できているという場合もないわけではないが、むしろその間に身につけたスキルを生かして成功に導いていることが多い。

SIerとして求められる代表的なスキルは営業スキルであり、多くのエンジニアには欠けているものである。顧客対応ができなければ話にならないのがSI業界なので基本的なエンジニアとしての能力があって、営業スキルも兼ね備えているという条件が揃えば通常は活躍できるだろう。
それに加えて計画性も重要な要素であり、多くの顧客に臨機応変に対応できるようにスケジュール管理も行えなければならない。これらのスキルを持っているエンジニアは概してSI業界で成功の道を歩んできているのである。

そして、営業スキルや計画性の高さは転職に活用できるものであり、自分の能力を効果的にアピールできるだけでなく、複数の転職志望先に同時に応募して適切に対応できる能力になる。結果として短期間で望んでいる職場から内定をもらえる場合が多い。もともとこのようなスキルがなかったという人もSI業界で必死に努力をしていると自然と身についてしまうだろう。
そして、SI業界からの転向を考えた際には身につけたスキルを生かして成功の道を歩めるのである。