チームや班を率いるリーダーの職責

SI業界からの転向にまつわる話題が度々のように取り上げられるようになってきた。それだけ注目を集める職種であることは間違いないといえるだろう。システムインテグレーションの重要度が増しているのは、現代のビジネスモデルを語る上においては、外せない役割を担っているからだ。そんな厳しさを求められるシステムインテグレーターの中にも転職したいという思いを抱えながら、毎日の勤務に励むという人も多いのだ。

転職サイトや転職エージェントに複数登録するという人も少なくない。日本のビジネス界全般にいえることだが、以前に比べた場合に転職をすることへの躊躇や戸惑いを感じる人は格段に少なくなっている。その傾向はIT関連業界でも同様である。会社員として働いている以上は、多くの収入やより重要度の高いポジションにつきたいと思うのは当然のことかもしれない。自らの処遇に納得ができないことを理由に転職したというケースも多くなっているが、その活動を支援しているのが転職コーディネーターなどである。優秀な技術者が欲しいという企業と転職したいという人を結びつける役割を果たしているのだ。

フリーランスなどの個人事業主の立場であれば別だが、会社の組織で働いている以上は、上司や同僚などとの良好な人間関係も維持したいと思うのが普通である。チームや班を組んで行うことが多いエンジニアやプログラマーの仕事でも、その力量の違いをどのように評価していくかが難しい点である。チームや班を率いるリーダーが苦慮するところである。