思い切った決断が重要なSI業界からの転向

IT系のエンジニアとして働きたいというときに想像しているのは、システムエンジニアの仕事であることが多い。クライアントからヒアリングを行って問題をITの言葉に落とし込み、その解決の方法をITによって実現するのが基本的なスキームである。
その仕事のイメージを持っていた人にとって典型的な業界はSI業界であり、システムの考案や開発を担っていくのに執着する気持ちがあるだろう。

しかし、SI業界で働いていて他の業界で働きたいと考えるようになるエンジニアも多い。SI業界からの転向をするときには思い切った決断が必要になることは、心構えとして持っておかなければならないだろう。昔から持っていたシステムエンジニアのイメージとはまるで異なる仕事に従事していくことになる場合が多いからである。仕事をする環境も大幅に変化し、周囲にはあまりITの専門家がいない状況で働かなければならなくなりやすい。他の業務に関して専門的な人が多い環境で仕事をすることになるため、他人の専門性についての理解も進めなければならなくなる。自分の専門性についても素人にわかりやすいように説明できなければならないことも多い。

SI業界からの転向を目指す上ではこのようなまるで異なる環境に身を置くことを前提として捉え、それでもエンジニアとして活躍していこうという気概を持たなければならないだろう。そして、なぜSI業界から転向したいのか、今後の方向性を定めるためにも理由を模索する必要がある。転向したい理由を突き詰め、異なる環境に身を投じる覚悟を決めることが転向を成功に導き、SI業界を上手に抜け出す方法だと言えるだろう。